大人気の低用量ピル
『トリキュラー』の飲み方

低用量ピルのトリキュラーは
正しく服用すれば避妊効果を得られます。

低用量ピルであるトリキュラー

トリキュラーの避妊効果を得るために、正しい飲み方と注意点を理解しておいてください。

トリキュラーは21錠タイプと28錠タイプがありますが、どちらのタイプもそのうちの21錠は同じものです。

28錠タイプの1日目~21日目までの錠剤は21錠タイプの物と同じです。

28錠タイプの22日目~28日目に飲む7錠だけ違いがあるのですが、それは薬の成分が入っていない偽薬です。

毎日決まった時間に飲み続け、さらに次のシートの飲み始めを忘れないためのものなので、飲んでも飲まなくても効果は同じです。 トリキュラーは1錠ずつに番号が振ってありますので、初めての場合には生理の1日目に「1」のところの錠剤を飲むところからスタートします。

その後は毎日1錠ずつ服用し、21錠を飲み終えたら7日間の休薬期間を取ります。

21錠タイプの物は休薬期間はありませんが、自分で7日間をきちんとカウントしておきましょう。

そして初めてトリキュラーを飲み始めた日から数えて29日目から、2シート目を飲み始めます。

このサイクルをきちんと行っていれば、その間は避妊効果が継続します。 注意点としては、体内でのホルモン濃度を安定させて不正出血や望まない妊娠を避けるため、同じ時間帯に毎日必ず飲む癖をつけるようにしましょう。

「昨日は朝7時に飲んだけど、今日は夜の23時になっちゃった」というような場合、服用の間隔が40時間も開いてしまいます。

1日の飲み忘れならば気づいたタイミングに飲めば避妊効果は継続しますが、毎日思いついた時に飲むといった習慣をつけてしまうと、飲み忘れたり、飲み忘れ自体に気づかないという事態になってしまいます。

毎日決まった時間に飲むように習慣づけたり、スマホのアラームをかけるなどの工夫を行いましょう。

もう1つの注意点は、決まった順番に飲むことです。

トリキュラーの特徴は「3相性」の低用量ピルです。この「相性」とは、配合されている女性ホルモンの濃度が3段階に分けられるという意味になります。 1日目~6日目、7日目~11日目、12日目~21日目というように女性ホルモンの濃度が変化します。

そのため、本来なら5日目の錠剤を飲むタイミングなのに20日目の錠剤を飲むと、不正出血が起こったり、体調不良などが起こってしまう可能性があります。

そのため、毎日「1」と書いてある錠剤から順番に飲み続けていくことが大切になります。