低用量ピルの錠数が違う理由

低用量ピルの錠数が違う理由には
ちゃんとした意味があった!

ピル錠剤画像

低用量ピルには21錠タイプと28錠タイプの2つがあります。

どちらがより効果があるかということではなく、飲み方の違い、低用量ピルを飲むことに慣れているかどうかによって、タイプが異なるというのが実情です。 21錠タイプは自分で服用のタイミングを管理できる人、飲むことに慣れている人が好んでこのタイプを選びます。

生理は基本的に28日周期で訪れることから、その時期に応じて服用すべきものが変わることがあります。 そのため、カレンダーなどを用いて管理をしていくことになりますが、低用量ピルを飲まない時期というものが1週間、7日分存在します。 その7日間に生理が発生するためです。

服用している間は生理は発生しないため、服用を止めない限りはいつまでも生理は訪れません。

そのため、服用を休む期間を設けて、生理が起きるように調整します。

その後、再び21日間飲み続け、7日間休むということを繰り返していきます。

そのため、21錠タイプは自己管理ができている人にしかすることができないものであり、初めて服用したという人の場合、ついつい忘れてしまうということがあることから、あまりおすすめできないのです。 では、28錠タイプは毎日低用量ピルを飲み続けるのかということになりますが、確かに錠剤として28日間飲み続けるものの、実は7日分に関してはプラセボと呼ばれる偽薬を飲むことになります。

単に錠剤として飲むものの、その効果はまるでないものであり、結果として服用を休む期間となります。 そのため、結果として21錠タイプと同じタイミングで生理が訪れることになります。 常に飲むため、忘れにくいことから習慣になるというのがこのタイプの狙いです。

どちらのタイプもシート状になっており、矢印に合わせて服用するようになっています。 このため、その矢印の順番さえ守っていれば、誤って服用することはなくなります。 ただ、28錠タイプで気をつけたいことは本当はピルを服用しなければならなかったのにプラセボを飲んだということが時折起こるということです。

このため、プラセボと本物の低用量ピルで錠剤の色が変わっていることがほとんどです。

もちろん錠剤を確認して服用することが大事ですが、色を確認していれば確実に見落としもなく服用することが可能です。 どちらのタイプがいい、悪いということではなく、忘れっぽい人は28錠タイプがよく、しっかりした人は21錠タイプというような線引きと考えてよさそうです。

ページのトップへ戻る