低用量ピルを飲むと不妊症になりやすい?

女性ができる避妊方法の中でも
特に有名なのが低用量ピルです。

不妊症になりやすい

ピルにも色々な種類が存在し、避妊用として主に使われているのが低用量ピルという種類になります。

高い避妊率を誇るという大変優れた機能を持っていますが、不妊症の原因になるのではないかと不安な気持ちになる人がいます。 低用量ピルを飲むと不妊症になるという話は、全くの誤解です。 飲んだからといって赤ちゃんができない身体になってしまう危険はありませんから、安心して使っていきましょう。 誤解されやすい理由として、高い避妊率があげられるといえます。

従来の避妊の主流はコンドームで、精子の侵入を阻止する方法でしたが、ピルを使ったものは精子が侵入しても妊娠する確率が極めて低くなります。 避妊率は100%に近いとされており、正しく使っていれば妊娠することはないといえます。

逆に考えると、精子が存在するのに妊娠しないのは、とても不自然に見えがちです。 医薬品として提供されている薬ですから、ずっと使っていると副作用で妊娠できない身体になるだろうと考えるのは何も不思議なことではないといえます。 低用量ピルは、ホルモンをコントロールして脳に妊娠したと錯覚させる手段です。生殖機能自体が変化するわけではありません。

妊娠中だと脳が判断すれば排卵がなくなり、精子が存在したとしても妊娠をしません。

もし受精した場合でも着床がしにくくなったり、精子が子宮内に侵入しにくい状態が作られますので、避妊効果が高まるという訳です。 ところが、服用をやめてしまうと、脳が通常の状態に戻りますから、同時に妊娠できるようにもなります。 しばらくピルを飲み忘れると妊娠する確率が上がってしまい、避妊の効果が十分に発揮されません。飲み忘れを防ぐために、偽薬が入っているものが売られているくらいです。

むしろ低用量ピルを服用したほうが、不妊症を防げるメリットがあります。避妊できる以外に子宮内膜症や子宮筋腫を予防したり、改善を期待できる効果を持っています。

これらの症状は不妊症の原因とされているものですから、服用することで妊娠しやすい状態に整えることができるでしょう。

生理周期が安定しますので、生理不順の人にとっては妊娠しやすい時期を把握する際に役立ちます。

確かに昔のピルはホルモン量が多く、副作用の心配が指摘されていましたが、現在流通しているものはホルモン量が少ないため、深刻な副作用を心配するレベルではありません。安心して使用してください。

ページのトップへ戻る